レンヌ

レンヌ
by https://www.mobilitytechgreen.com/blog/2018/07/18/rennes-royaume-de-la-mobilite-intelligente/
ブルターニュ地方の中心都市で、モン・サン・ミシェル観光の起点として多くの観光客が訪れる街です。旧市街は中世の木造建築が立ち並び、散歩疲れには広大な敷地の中に手入れの行き届いた庭が美しいタボル公園に立ち寄るといいでしょう。12世紀建立のゴシック建築のサン・ピエール教会や、レンヌのランドマーク的な美建築のブルターニュ議事堂とその前に広がる美しい広場は、洗練されたレンヌの街並みの必見スポットです。ランチではブルターニュ名物のりんご酒シードルと一緒にガレットをいただくのがレンヌ流です。

おしゃれで少し気の強いアヤコ
レンヌはフランスのブルターニュ地方の中心地。歴史的な建物とおしゃれなカフェがいっぱい!
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
レンヌはブルターニュ地方の首都で、学生が多くて活気がある街。美味しいガレットも楽しめるよ。
冷静沈着な猫のニャンタ
レンヌはフランスのブルターニュ地方に位置し、歴史的建造物と現代的な施設が共存する都市です。
周辺の類似スポットを地図で見る

レンヌの基本情報


【スポット】レンヌ
【ふりがな】れんぬ
【 住所 】フランス、ブルターニュ地方、イル=エ=ヴィレーヌ県
【アクセス】パリからTGVで約1時間30分
【最寄り駅】レンヌ駅
【営業時間】年中無休
【 料金 】無料(特定の観光地やイベントは有料)
【クーポン】特定の観光地やイベントで割引クーポンが利用可能


レンヌ

レンヌの概要

レンヌはフランスのブルターニュ地方に位置する歴史と文化が豊かな都市です。中世の街並みが残る旧市街や、現代アートが楽しめる美術館、緑豊かな公園など、多彩な観光スポットが点在しています。特に、毎週土曜日に開催されるマルシェ・デ・リスは、地元の新鮮な食材や工芸品が並び、多くの観光客で賑わいます。

レンヌの楽しみ方

レンヌを訪れる際には、まず旧市街を散策することをおすすめします。石畳の道や木組みの家々が並ぶこのエリアは、中世の雰囲気を色濃く残しており、まるでタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。特に、サン・ピエール大聖堂はその壮大な建築と美しいステンドグラスが見どころです。

次に、レンヌの文化を堪能するために、ブルターニュ美術館を訪れてみてください。ここでは、地元のアーティストによる作品や、ブルターニュ地方の歴史を紹介する展示が楽しめます。また、現代アートに興味がある方には、フランス国立現代美術館もおすすめです。ここでは、国内外の現代アーティストの作品が展示されており、常に新しい発見があります。

自然を楽しみたい方には、タボール公園が最適です。広大な敷地内には、美しい花壇や池、遊歩道が整備されており、リラックスしたひとときを過ごせます。特に春から夏にかけては、色とりどりの花が咲き誇り、写真撮影にもぴったりです。

また、レンヌのグルメも見逃せません。地元のレストランでは、新鮮なシーフードやブルターニュ名物のガレット(そば粉のクレープ)を楽しむことができます。特に、マルシェ・デ・リスで購入した食材を使った料理は絶品です。市場では、地元の農産物や手作りのチーズ、パンなどが並び、食べ歩きも楽しめます。

最後に、レンヌの夜の街も魅力的です。カフェやバーが立ち並ぶ通りでは、地元の人々と交流しながら、フランスのワインやカクテルを楽しむことができます。特に、旧市街のバーでは、歴史的な建物の中で過ごす特別な時間を体験できます。

レンヌへのアクセス

レンヌへのアクセスは非常に便利です。パリからはTGV(高速鉄道)で約1時間30分で到着します。また、レンヌ・サン・ジャック空港もあり、国内外からのフライトが利用可能です。市内の移動は、バスやメトロが充実しており、観光スポットへのアクセスも簡単です。

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。