高松城

高松城
by https://www.jalan.net/kankou/spt_37201af2170021129/
豊臣秀吉が四国を征服した後、天正15年(1587年)に讃岐1国の領主となった家臣の生駒親正によって作られた城で、別名を玉藻城と呼びます。現在の遺構は、江戸時代初期に徳川家康の孫で徳川光圀の兄にあたる松平頼重によって改修されたものです。瀬戸内海に面し、城内の堀に海水を引き込んだ海城で、日本三大水域の一つです。堀にはチヌやボラ、タイなどの海の魚が泳いでおり、タイのエサやり体験ができます。また、冬期の12月~2月の間を除いて城舟体験が行われており、内濠にそびえる天守台の迫力を感じることができます。

周辺の類似スポットを地図で見る

高松城の基本情報


【スポット】高松城
【 住所 】香川県高松市玉藻町2-1



高松城のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります
何も見つかりませんでした。

香川のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。