ツイートフェイスブックシェアLINEで送る

山口県のお土産オススメ15選!

萩焼
出所:http://www.hagishi.com/takumi/

山口県といえば九州とつながる関門海峡やフグで有名ですが、お土産も魅力的なものばかりです。豊富な山口県のお土産の中から、新幹線の新山口駅構内で買って帰りたいお土産を15個厳選しました。家族や友達へのお土産のほかに、自分用にも買いたいお土産がきっと見つかります。




1.ふぐ煎餅

ふぐ煎餅
出所:https://tabelog.com/yamaguchi/A3503/A350301/35006504/

高価なイメージのあるふぐですが、なんとお煎餅で食べることができます。辛子マヨネーズ味でピリっと刺激的な味で、お酒のお供にもぴったりです。大人なお土産として一押しの商品です。「甘い物はちょっと」という方へのお土産にオススメです。

賞味期限が90日と長いので遠方に送ることも可能なのがポイントです。サクッと気持ちのいい歯ごたえのあとに広がる、ふぐの豊かな風味。それと同時にくる辛子マヨネーズの刺激。全てが絡み合い、とても美味しいお煎餅となっています。1箱26枚と多く入っているので、たくさんの人に配る時にも便利です。

■ 基本情報
・名称:ふぐ煎餅
・料金:26枚入 1,188円
・購入場所:新山口駅アイスタ店
・営業時間:8:30~19:00
・住所:山口県山口市小郡下郷1357-1 新山口駅アイスタ内
・電話番号:083-974-4660
・公式サイトURL: http://www.hagiinoue.co.jp/

2.宇部かまのかまぼこ

宇部かまのかまぼこ
出所:https://tabelog.com/yamaguchi/A3504/A350401/35007478/

蒲鉾の品評会で数々の大臣賞を受賞している、山口県を代表する食材・蒲鉾です。そんな蒲鉾は、駅構内で買う事が出来きます。鮮度が落ちるスピードが早い「エソ」という魚を使用し、歯ごたえや弾力にこだわって作られた究極の蒲鉾は贈答用としても最適です。

これまでの蒲鉾の概念が覆るほどの美味しい一品ですので、ぜひお土産にしてみてはいかがでしょうか。駅構内にあるのは直営店ですので、直営店ならではの美味しい蒲鉾を買うことが出来ます。また、蒲鉾だけではなく竹輪や揚げ物(天ぷら)なども販売していますので、詰め合わせにすると喜ばれること間違いなしです。

■ 基本情報
・名称:宇部かまのかまぼこ
・料金: 新川 5本セット 3,240円~
・購入場所:新山口駅新幹線口2階直売店
・営業時間:7:00~20:30
・住所:山口県山口市小郡下郷1294 JR新山口駅2階(新幹線口)
・電話番号:083-974-0255
・公式サイトURL: http://www.ubekama.co.jp/

3.月でひろった卵

月でひろった卵
出所:https://tabelog.com/yamaguchi/A3501/A350101/35008709/

山口銘菓といえば「月でひろった卵」です。ふんわりとしたカステラ生地に包まれたカスタードクリームの中には、なんと栗の粒が入っています。国産の和栗や県内産の材料にこだわって作られた洋菓子はお土産に最適です。甘くふんわりと食べやすいので、お子様へのお土産にもぴったりです。

1個からバラ売りしているので人数に合わせて買うことが出来るのも嬉しいつくりです。工場の下から湧き出る綺麗で美味しい地下水を使用したお菓子で、栗の粒がとてもいいアクセントとなり、飽きずに完食することができます。口どけの良いクリームはコーヒーや紅茶との相性も抜群で、会社へのお土産にしても喜ばれること間違いなしです。

■ 基本情報
・名称: 月でひろった卵
・料金:1個 200円
・購入場所:果子乃季&シュクルヴァン新山口駅2号店
・営業時間:7:00~19:00
・住所:山口市小郡下郷1294 新山口駅在来線側改札口
・電話番号:083-976-8567
・公式サイトURL: http://www.kasinoki.co.jp/kasinoki/01t.htm




4.山焼き団子

山焼き団子
出所:https://tabelog.com/yamaguchi/A3502/A350201/35005920/dtlrvwlst/B321363079/

昔ながらのやわらかい餅にきなこをたっぷりまぶしたお団子です。全国のお菓子博覧会で賞を受賞した経歴もある和菓子です。一番多いもので40串入っており、それぞれ個包装されているのでお土産として配る際にとても便利です。賞味期限も30日と長いのでおすすめです。

一つ一つが小さいので食べやすく、温かいお茶との相性は最高です。一串にはやわらかいお団子が3つ。もちもちの食感に甘じょっぱいきなこがたっぷりかかっており、小さめなので何個でも食べることが出来ます。また、くどくない和菓子ならではの上品な味なので、年配の方へのお土産としても最適です。

■ 基本情報
・名称:山焼き団子(きれん製菓)
・料金:1箱 12串入 650円
・購入場所:きれん製菓 アイスタ新山口店
・営業時間:8:30~19:00
・住所:山口市小郡下郷1357-1 新山口駅新幹線口1F
・電話番号:0839-73-0670
・公式サイトURL:http://www.kiren.co.jp/

5.山陰堂 名菓舌鼓

山陰堂 名菓舌鼓
出所:https://tabelog.com/yamaguchi/A3501/A350101/35000729/dtlrvwlst/B113153644/

創業が明治16年、山口県で古くから親しまれているお土産にぴったりの銘菓です。品のある甘さの白餡をトロトロとした求肥でくるんだとても歴史のある和菓子です。上品な中にもしっかりと白餡の甘さを感じることが出来るので、甘い物好きな方へのお土産としてもぴったりです。

とっても柔らかいのでお子様でも美味しく食べることが出来ます。持てば溶けて落ちてしまいそうなくらい柔らかい求肥の中には、甘い白こしあん。こしあん好きならぜひ食べたい一品です。かつての総理大臣も認めたという美味しさの和菓子です。また、求肥にうっすらと「舌鼓」と刻印されているところにもこだわりを感じずにはいられません。

■ 基本情報
・名称:名菓舌鼓(山陰堂)
・料金:4個入 630円~
・購入場所:アイスタ新山口 西館 山陰堂
・営業時間:8:30~19:00
・住所:山口市小郡下郷1357-1(新山口駅新幹線口直結)
・電話番号:083-972-0141
・参考サイトURL:http://www.yamaguchi-machinaka.com/mtx/archives/1233079473/1238637223.html

6.小郡まんじゅう

小郡まんじゅう
出所:https://tabelog.com/yamaguchi/A3501/A350101/35000141/

全国のお菓子博覧会での受賞経歴を持つ和菓子です。明治33年、小郡駅が開設されたときに友月堂の当時の店主が焼きまんじゅうを元に創作したという「小郡まんじゅう」です。中の餡子は毎日手作りというこだわりぬいた和菓子で、昔から小郡の銘菓として親しまれています。

9個から30個と詰め合わせの数も種類豊富なのでシーンに合わせて選べるのもポイントです。銅の窯でじっくりと手作業で煮込まれた餡は、とても上品な甘さで小豆本来の美味しさを感じることが出来ます。また、生地にも新鮮な卵を使い、一つ一つ焼き上げられる小郡饅頭は老若男女問わず食べやすい和菓子で、会社へのお土産としてもおすすめです。

■ 基本情報
・名称:小郡まんじゅう(友月堂)
・料金: 9個入 1箱 500円~
・購入場所:アイスタ新山口 西館 友月堂
・営業時間:8:30~19:00
・住所:山口市小郡下郷1357-1(新山口駅新幹線口直結)
・電話番号:083-973-3028
・公式サイトURL:http://homepage2.nifty.com/ogmanjuu/

7.しそわかめ

しそわかめ
出所:https://tabelog.com/yamaguchi/A3503/A350301/35006504/

実用的な物を贈りたいと考えている方には「しそわかめ」がおすすめです。ご飯との相性ばっちりで毎日美味しく食べることができるソフト食感のふりかけです。新鮮な材料だけを使って作られたふりかけは、口に入れた時の香りがとても爽やかです。

夏みかんのチップが入ったものや辛子明太子風味のしそわかめもあり、バリエーション豊富なのも嬉しいです。朝食にぜひ食べたいふりかけで、口の中に広がる海の香りと、しその爽やかさはご飯だけではなく豆腐やサラダ、パスタなどともぴったり合うので幅広い用途で使うことが出来ます。お料理が好きな方へのお土産にいかがでしょうか。

■ 基本情報
・名称:しそわかめ(井上商店)
・料金: 1袋 90g 410円
・購入場所:井上商店 新山口駅アイスタ店
・営業時間:8:30~19:00
・住所:山口市小郡下郷1357-1(新山口駅新幹線口直結)
・電話番号:083-974-4660
・公式サイトURL:http://www.hagiinoue.co.jp/index.html

8.ふぐ一夜干し

ふぐ一夜干し
出所:https://tabelog.com/shimane/A3203/A320302/32004478/

国産天然のふぐを丸ごと干した絶品珍味です。出汁もふぐの骨で取るというこだわりの製法で作られた一夜干しは、お酒のお供にすると最高です。出来立てをすぐ真空パックしているので、焼くだけでおいしいふぐを食べることが出来ます。調理方法が簡単なのもお土産としては嬉しいポイントです。お酒好きな方へのお土産にぜひいかがでしょうか。

出汁を取り、ヱビス秘伝の調味だれに漬け込んだ最上級の一品は、お酒だけではなくご飯との相性もいいので、ちょっとしたおかずにもぴったりです。ふぐ本来の美味しさを最大限引き出した一夜干しは、直火での調理が一番おいしくなるのでオススメです。

■ 基本情報
・名称:ふぐ一夜干し(ヱビス)
・料金:120g(2人用) 1,080円~
・購入場所:アイスタ新山口 西館 ヱビス
・営業時間:8:30~19:00
・住所: 山口県山口市小郡下郷1357-1
・電話番号:083-972-2605
・公式サイトURL:http://www.fugu-ebisu.co.jp/

9.ご当地楽習帳

ご当地楽習帳
出所:https://www.amazon.co.jp/

ちょっと面白いお土産なら山口限定の「ご当地楽習帳」がおすすめです。高杉晋作や吉田松陰といったゆかりの人物が表紙の面白いノートです。お子様へのお土産、友人への面白お土産としてもおすすめです。「なんでもノート」なので使い方も自由なのが嬉しく、「楽しく」勉強できること間違いなしです。

こちらのノート、表紙のみのデザインではなく中にも偉人の名言や出来事などがかかれているのでそれを読むだけでも勉強になるという優れたノートです。また古く威厳のある写真と対照的な青色のノートデザインが見た目にも楽しいので、「食べ物以外に何かないかな?」と探している方におすすめです。

■ 基本情報
・名称:ご当地学習長
・購入場所:新山口駅構内各売店
・住所:山口県山口市小郡下郷1357-1




10.獺祭

獺祭
出所:https://www.amazon.co.jp/

旭酒造が作っている「幻の酒」という呼び声も高い獺祭です。新山口駅構内売店には小さい瓶が3本セットになっている「お試しセット」などが販売されており、観光客のみならず地元の方にもとても人気のお土産となっています。ただし、とても人気のお酒ということもあり売り切れの場合が多々ありますのでご注意ください。

昭和23年に設立された歴史ある酒造のお酒で、山口県の地酒として人気の獺祭はなかなか手に入れることが出来ず、ウェブ販売でも2ヶ月待ちになることも。手に入れることが出来たらお酒好きな方へのお土産にすると最高に喜ばれます。

■ 基本情報
・名称:獺祭(旭酒造)
・料金: 獺祭 おためしセット 180ml×3本 2,700円
・購入場所:新山口駅構内 売店
・住所:山口県山口市小郡下郷1357-1
・公式サイトURL:http://www.asahishuzo.ne.jp/index.php

11.生絹 豆四郎

生絹 豆四郎
出所:https://tabelog.com/yamaguchi/A3504/A350402/35006731/

山口の昔からの銘菓に豆四郎という外郎があります。名古屋の外郎とは全く違った味と食感が楽しめます。山口の外郎の中でも、豆四郎さん生外郎「生絹 豆四郎」は生なので日持ちはしませんが、一度食べたら忘れられない上品な甘さと食感のお菓子です。価格は1本110円程度です。

12.利休饅頭

利休饅頭
出所:https://tabelog.com/shimane/A3203/A320301/32002673/

山口県宇部の昔からの銘菓と言えば「利休さん」「利休まんじゅう」「利休饅頭」です。製造メーカーはいろいろありますが、いずれも一口サイズの可愛いお饅頭で、好きな人はパッケージを開けるとあっという間にいくつも食べてしまう程に、食べやすくて美味しいお菓子です。価格は10個袋入で360円程度です。

13.焼きふく

焼きふく
出所:https://item.rakuten.co.jp/bimi-ippin/fuku1061/

お酒好きや辛党の方にお勧めのお土産が「焼きふぐ」です。焼きふぐは、ふく(山口、特に下関辺りではフグのことを縁起担ぎも兼ねて「ふく」と呼びます)の身をスナック感覚で味わう贅沢なおつまみです。ふくの身の持ち味を活かして味付け加工してあり、弾力のある身を噛めば噛むほど美味しくなります。価格は1袋500円前後からです。

14.萩焼

萩焼
出所:http://www.hagishi.com/takumi/

茶道の世界では一楽二萩三唐津と言われていますが、山口では一萩二楽三唐津とも言われ、萩焼のお茶碗はお茶の世界では大変高い評価を受けています。昔から山口のお土産だけでなく、贈答品としても喜ばれる品となっています。価格は200円前後からです。

15.大内人形

大内人形
出所:https://item.rakuten.co.jp/marutomi-a/ou-kw-t25/

大内人形は大内氏によって繁栄した西の京 山口で、京から迎えた姫を慰めるために大内弘世が人形を沢山作らせたという伝承から作られるようになった逸品です。約600年の歴史を持つ山口の伝統工芸・大内塗を代表する漆塗りのお人形です。価格は大内雛で5,000円前後からです。





公式Facebook

写真から探す地図から探すテーマから探す