埼玉県立近代美術館
モネ・シャガール・ピカソなどの有名海外画家や浦和画家と呼ばれる埼玉にゆかりがある画家達の作品が並ぶ美術館。また、屋外には個性的なオブジェがあるのも忘れてはいけないポイント。
埼玉県立近代美術館
by https://ja.wikipedia.org/wiki/埼玉県立近代美術館

観光マップで見る
Google Map

写真から探す

埼玉のSNS映えスポットリスト
おしゃれスポット(Cool!)珍スポット(Haha!)定番観光スポット(Basic)

おすすめ記事
「SNS映え」を徹底解説!ビジネスもプライベートも無視できない?
インスタ映えとは?撮り方のコツとカフェ・料理の特徴は?AIが徹底分析

【 住所 】埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1

埼玉県立近代美術館 公式ページ

埼玉県立近代美術館は意外な穴場スポット。興味のない人ほど飽きません

天気のいい日には地方の美術館へ出かけて、ついでに静かな公園を散歩するというのも立派な観光だと思います。

公立の美術館は意外な穴場スポットです。今回はさいたま市の北浦和駅前にある、埼玉県立近代美術館をご紹介します。

埼玉県立近代美術館とは

埼玉県立近代美術館は1982年11月に開館した、19〜20世紀のアートを中心とした美術館です。

印象派の絵画作品もいくらか所蔵されています。美術館自体の建物の設計は有名な建築家、黒川紀章さんです。

建物周囲には彫刻などがひっそり展示されていて、ふらっと見てまわるのにはちょうどいい造りになっています。

それほど大きくはないので、半日もあれば十分見てまわれます。

筆者は近所に住んでいるので、駅からの帰り道などたまに立ち寄ったりしています。

常設展、企画展を観なくても、建物内の無料展示スペースを歩いてみたり、入ってすぐ目に入る場所のアートショップでポストカードやアートブック、開催中の企画と連動した商品を見たりして楽しんでいます。

建物内には同じようにベンチに座ってくつろいでいる人がちらほらいたりして、市民の憩いの場となっている美術館です。

埼玉県立近代美術館の基本情報

毎週月曜日(祝日または県民の日の場合は開館)、年末年始、メンテナンス日が休館です(メンテナンス日は不定期)。

開館時間は10:00から17:30(展示室への入場は17:00まで)です。

モネやルノワールの作品も観ることができる常設展(MOMASコレクション)は一般料金で200円。

企画展示は企画ごとの料金ですが、だいたい1,000円前後で観ることができます。企画展のチケットにはたいてい常設展の無料券が付いています。

有名作家の所蔵作品が多数あるわりに、混雑の少ないゆっくり楽しめる穴場スポットです。

埼玉県立近代美術館へのアクセス

埼玉県立近代美術館は、JR京浜東北線の北浦和駅西口から徒歩1〜2分の場所にあります。

駅前ロータリをまっすぐぬけて、大きな交差点をわたるとすぐに公園があります。美術館はこの公園の中央にあります。

埼玉県立近代美術館には専用の駐車場がありません。企画展のチケットを購入すると割引サービスが受けられるコインパーキングが、国道の南方面にすこし行った場所にあります。

ただし、一般コインパーキングのため満車の可能性があります。駅前なので利用客が多いパーキングです。できれば電車での来館がおすすめです。

埼玉県立近代美術館の所蔵作品

埼玉県立近代美術館の所蔵作品の多くは埼玉県、特に浦和周辺にゆかりのある作家のものです。

司馬遼太郎氏の「街道をゆく」の挿絵を担当していた須田剋太の作品や瑛九、寺内萬治郎などを多数所蔵しています。

また、たくさんの椅子を所蔵している美術館として有名で、1階エレベーター前のフリースペースで無料展示されていることがあり、自由に座ってみることができます。

ヘンテコな形の椅子が多いのですが、ちゃんと使える椅子であることが座ってみるとよくわかります。

有名な西洋画家の作品もちゃんとあります。モネ、ピサロ、ルノワール、ピカソ、ユトリロ、藤田嗣治などがあり、常設展の開催時期によって作品が変わったりしています。

これらの有名な画家の作品が、平日など空いてる時なら独り占めしてずっと眺めていられます。

光溢れる公園でのんびり

美術館のある北浦和公園の敷地内にも数々のアート作品が点在しています。

「中銀カプセルタワービル」のカプセルルームもその一つ。建築家・黒川紀章氏が設計したことで有名な、1970年代建造の近未来住宅が、駅側公園入り口とは反対側の芝生の上に展示されています。

他にも数々の立体オブジェ、銅像などのアート作品が主に美術館建物周辺の自然や空間に溶け込む形で展示されています。

中には美術館建物の周りから覗き込まないと気づかないアートもあるので、周囲をひととおり観察してみてください。

この北浦和公園で最も重要なアートは、公園中央の石畳広場にある噴水ショーです。

2時間おきにクラシックやジャズ音楽と連動した噴水ショーが10分程度にわたって行われます。

間近で高々とふきあがる水しぶきが、夏場はとても涼しげです。天気の良い昼間は太陽の光を反射してキラキラ輝き、夜はジャズの曲に合わせてライトアップされた噴水がリズミカルに躍動します。

地味にすごい企画展

やはり美術館のメインは企画展。埼玉県立近代美術館でも過去には様々なジャンルの企画展示が行われてきました。

それぞれの企画には開催期間があるので是非チェックして訪れてください。近代美術館ですので20世紀の企画が多いですが、平面作品ばかりともかぎりません。

その切り口は様々で、かなりマニアックな展示(過去にはウルトラマンや怪獣の着ぐるみがいっぱいだったこともあります)も多く開催されています。

美術好きの方の中には、都内の大型アート展に出かけて、会場の人の多さにぐったりした経験の持ち主がいらっしゃるかもしれません。

さすがに埼玉県立近代美術館では列に何十分も並ばないと会場に入れない、などということはありません。

じっくり観られることも埼玉県立近代美術館のおすすめポイントです。

一般展示で偶然の出会い

埼玉県立近代美術館の地下1階は、全体が一般展示スペースとなっています。

大規模な絵画会主催の展示会もあれば、個人作家の方が毎年一回開催しているもの、障害者施設の方の絵画作品展示、近隣学校の書道作品、海外からのアート企画展、趣味の写真作品や彫刻などの立体作品、映像芸術などなど、とにかく多種多様な美術表現が、作品入れ替え時期を除けば、ほぼ毎日観られます。

有名作家の名作を観るのもいいですが、たまたま行った美術館で見知らぬ誰かが魂を込めて造ったアート作品と出会うのもまたいいものです。

埼玉県立近代美術館で一番のおすすめポイントと言ってもいいかもしれません。

筆者が過去に見てきた一般展示会では、1メートルを超える大型の絵画作品がとても多くありました。

作者の強烈な個性、メッセージがこもった作品たちに圧倒されるような迫力を感じます。

これらとは逆に、ゆるーい、ヘタウマ(失礼)な作品もあったりして、人それぞれの個性や感性についつい見入ってしまいます。

数年前いつものようにふらりと立ち寄り、階段を降りて一般展示室を見て回っていると、写真にしか見えない精密な写実画の作品がたくさんあり、どの作品も電車を描いたものばかりでした。

その展示会場には作者の方もいて、その方は一目でわかる知的障害者でした。作品の緻密さとのギャップに驚いたものです。

その後しばらくして美術系の情報サイトや本屋さんの美術関連コーナーでその方の作品をよく見かけるようになりました。

このような出会いが突然訪れるので、一般展示は侮れません。無料で観ることができるこの一般展示室には、ぜひ立ち寄寄ってもらいたいと思います。

イタリアンレストランもあります

埼玉県立近代美術館の1階奥には、イタリアンレストランがあり、本格的なコース料理を楽しめます。

こちらは美術館閉館後も営業しているので、ちょっと贅沢な夕食を予約してみてもいいかもしれません。

お値段はちょっと高め。記念日用の特別メニューで8千円くらい、ランチコースが3千円程度。

企画展示と連動した特別メニューが用意されている時もあります。

このレストラン以外でも公園の外には北浦和駅前を中心に、モスバーガーやミスタードーナツ、サイゼリヤ、ラーメン屋さんなど、多いとは言えませんが、ある程度の飲食店があります。そちらの利用も可能です。

美術には興味がないという方にも

JR北浦和駅に観光で訪れる方は少ないと思いますが、北は大宮、南は浦和・川口と埼玉県の主要地域からのアクセスも良く、これほど混雑の少ない場所はなかなか無いと思います。

美術にはあまり興味がないな、という方にも近代アートは特にオススメです。絵画ばかりが美術ではありません。

広告の世界や建築、パッケージデザインなど、ほんの少し昔どこかで見かけたモノやコト、懐かしい記憶など、美術とはまた別の思いがけない出会いがあるかもしれません。

そんなことも近代アートの良さです。お金もさほどかかりませんし、夏場の館内は冷んやり快適。是非一度訪れてほしいです。

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.
*出所記載のないページ内のInstagram画像は、Instagram社の利用規約及びライセンスに基づきシステムが自動抽出して表示しております。詳細はInstagram社の利用規約等をご確認ください


SNSでの口コミ(みんなの反応)
SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

XL プランクトン1.8 グラフ 埼玉県立近代美術館 短歌 2 爪先をぶらぶらさせる夕暮は おさなごころをすわらせながら pic.twitter.com/J4xmFswyhN

ブログに「埼玉県立近代美術館の椅子」をアップしました。 blog.goo.ne.jp/a_tranquil_smo… 埼玉県立近代美術館では開館35周年記念として「ベストデザインの椅子グランプリ」を開催中で~す! 椅子って、座ってナンボなんだな… twitter.com/i/web/status/8…

【風刺の毒】 埼玉県立近代美術館などを巡回した「風刺の毒」展図録。19世紀頃、フランスを中心としたヨーロッパで制作された風刺画をモノクロで多数掲載。フランシスコ・デ・ゴヤやオノレ・ドーミエらの作品を収録。デザインは #矢萩喜従郎。… twitter.com/i/web/status/8…

埼玉県立近代美術館で開催中の「遠藤利克展」に行く。静謐で黒く重い作品群。自分は「泉」=黄泉としての終焉、生命のスープと考え、作品を制作してきたので、その循環性をもっと突き詰めたいと思わされた。 #空洞説ー薬療師の舟 pic.twitter.com/KdbBQrK63R

北浦和にある埼玉県立近代美術館と池袋西武でのすみっこぐらし展に行ってきました。近代美術館、展示物のスケールがすごかった。すみっこ展は大混雑で人気…! pic.twitter.com/BeTM4RtKc3

埼玉県立近代美術館で開催されている遠藤利克展に行きました。 ものと空間の圧迫感とか、もの派とか勉強する事が増えました。

@misaki810 これ一番好きだったかも。まったく違う側面が見られるので埼玉県立近代美術館での遠藤利克お勧めかも!

I'm at 埼玉県立近代美術館 in さいたま市, 埼玉県 swarmapp.com/c/3B4lN4OiPHr

35周年 (@ 埼玉県立近代美術館 in さいたま市, 埼玉県) swarmapp.com/c/aaPNWnf450T pic.twitter.com/EFRpLiF1vA

おまけ、埼玉県立近代美術館のある北浦和公園には野外に彫刻作品も色々展示してあって、この美術館を見に行くときは早い時間に来て隅々までゆっくりと鑑賞するのがベターです。 なんと黒川紀章の中銀カプセルタワーのカプセルもありますよ(美術館… twitter.com/i/web/status/8…

埼玉県立近代美術館1階展示室のMOMASコレクションは今回も田中保の作品が良かった。それと、ここにも遠藤利克の作品が展示されていて、作品を制作する過程も映像で見ることができて興味深かった。

埼玉県立近代美術館は所蔵の椅子を使って「ベストデザインの椅子グランプリ」を行っています。ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナチェアと、みんな大好きマッキントッシュの椅子が予選通過したみたいですね。これらの椅子はもちろん座れます… twitter.com/i/web/status/8…

埼玉県立近代美術館に行ってます。北浦和駅についた時に雨がぽつぽつ降っていたけど、駅からすぐだったのでそれほど濡れずに済んだよ。 pic.twitter.com/NKssF3e6Oe

さいたま市の美術館は、三月に行った埼玉県立近代美術館につづいて、今日はうらわ美術館。猪熊弦一郎展へ!

埼玉県立近代美術館サン35周年おめでとうございますヽ(`▽´)/ いつも閉館間際に行くので椅子の記憶が無く恐縮至極です。 F·クノップフ観に行く為に訪ねたりします。閉館後の噴水眺め音楽聴いて名古屋に戻るのが楽しみ♫ 秋までに、椅子を拝見に伺います💺 #埼玉県立近代美術館 #35年

今日は珍しく午前中から外出。埼玉県立近代美術館に向かってます。5月に行ったときはクロスバイクをかっ飛ばしたんですが、その日が確か気温が30度近くまで上昇して、その後数日顔の火照りが取れませんでした。今日はさすがに電車で北浦和に向かっています。

#遠藤利克 #埼玉県立近代美術館 水と火は生と死をスパイラルに燃え上がるように.『泉』の円環の中は死で、その先に生が生まれるように @ 埼玉県立近代美術館 instagram.com/p/BW3y-rgH4oV/

遠藤利克展ー聖性の考古学(埼玉県立近代美術館) - YouTube 遠藤利克展t m.youtube.com/watch?v=hLQWvc…

7/15(土)~8/31(木)埼玉県立近代美術館にて『遠藤利克展ー聖性の考古学』開催中!北浦和店でも立近代美術館割引やってます! blog-kitaurawa.diskunion.net/Entry/6816/ pic.twitter.com/MGN2hT6HMO

すこし前になるんですが、埼玉県立近代美術館のコレクション第1期とても良かったな。 草間彌生と詩人でもある建畠館長のコラボ企画があって、脚立には手がないから鞄を持てず、鞄には脚がないから脚立に登れないというような内容の詩が添えられてるんだけど、二つの関係性とか距離が永遠性を帯びたよ

遠藤利克展ー聖性の考古学(埼玉県立近代美術館) youtu.be/hLQWvcehvj0 @YouTubeさんから

埼玉県立近代美術館に遠藤利克展を観に行きました。 『沈む船』がありなら、『走らない車』というのもありか?

遠藤利克展(埼玉県立近代美術館)。私たちの目に入るのは、多くは、焼け焦げた外壁の大きな黒ずんだ構造物やその中にわずかに湛えられた水だけですが、個展として集中的に見ると構造物を焼いた炎や、水の持つ生命感のもたらす聖性が、強く伝わって… twitter.com/i/web/status/8…

東京国立近代美術館の日本の家展、2014年に埼玉県立近代美術館で開催の戦後日本住宅伝説展と被るとこは少しあるけど、より包括的な印象が。写真制限エリアの積水ハウスや中銀カプセルタワーについての展示や、ニラハウス、住吉の長屋の模型が印… twitter.com/i/web/status/8…

埼玉県立近代美術館「遠藤利克展ー聖性の考古学展」へ。室内にあの大きさの物体を搬入し、照明をあてて展示する迫力は凄かった。微かなタールの匂い、焼けた木と鉄の質感、圧倒的な重量感、本当に良いものを観ました。常設にも一点遠藤さんの作品が… twitter.com/i/web/status/8…

本日は国立近代美術館に「日本の家」展をみてまいりました さて、これが問題でワンフロアしか使ってませんし軽くみるつもりが、大変見ごたえがありました。以前埼玉県立近代美術館でみた円形の家があったのですが、時間がなく駆け足に… リピーター割りがあるのでまた行くつもりです 大部分写真可

本日は東京藝術大学美術館に、藝「大」コレクション展をみてまいりました 最初に収蔵品があり、埼玉県立近代美術館でみたばかりの「靴屋の親爺」がありました。ここのだったんですね 狩野芳崖「悲母観音」や小倉遊亀「径」もありました 卒業生の自画像は会田誠が(笑)、山口画伯は流石です

埼玉県立近代美術館「遠藤利克展ー聖性の考古学ー」 作品の有無を言わせぬ圧倒的な存在感に対し展示空間が狭すぎる点は残念 出品リストの裏の作家自身の言葉の解説は、作品理解の為に役立つ大変良いアイデア 作品を見て「モノリス」を思い浮かべ… twitter.com/i/web/status/8…

埼玉生活が長い私、今日、初めて埼玉県立近代美術館に行ってきました。。。

遠藤利克展―聖性の考古学 / 埼玉県立近代美術館 ド引力というか...直面して心も身体もつき動かされる pic.twitter.com/eoL76wnBO3

強烈な暑さで頭がクラクラしながら到着@埼玉県立近代美術館 pic.twitter.com/MxGSesJ1KE

どなたかいらっしゃいますね…@埼玉県立近代美術館 pic.twitter.com/X7mc0OGkLC

埼玉県立近代美術館『遠藤利克展―聖性の考古学』タルコフスキー『ストーカー』の上映イベントがあるそうで「ナルチスの独房ⅱ」の水槽や錆びた金属の壁の向こうから水音が聴こえるインスタレーション等の作品は『ストーカー』に登場した「乾燥室」… twitter.com/i/web/status/8…

久しく行ってないけど、埼玉県立近代美術館のアプローチは鳥の(ための)建築の感ある。(好き)

【近日発売・予約受付中】 「遠藤利克 - 聖性の考古学」 埼玉県立近代美術館で企画された「遠藤利克展 - 聖性の考古学」展の図録であり、40年以上制作を続けてきた遠藤の主要な作品、約500点の図版を収録したカタログレゾネです。… twitter.com/i/web/status/8…

7/15(土)~8/31(木)埼玉県立近代美術館にて『遠藤利克展ー聖性の考古学』開催中!北浦和店でも立近代美術館割引やってます! blog-kitaurawa.diskunion.net/Entry/6816/ pic.twitter.com/MGN2hT6HMO

遠藤利克展 / 埼玉県立近代美術館 猪熊弦一郎展 / うらわ美術館 pic.twitter.com/PhaA90FaqE

今度、埼玉県立近代美術館に行く予定だから、もらってこよう。 twitter.com/photozine_no4/…

今週土曜の19時より埼玉県立近代美術館主任学芸員の梅津元さまと共にトークイベントを行います。予約などは不要です。途中から聞きにきて頂いても構いませんのでお時間ある方は是非!!facebook.com/events/1427441…

高崎でウィリアム・ブレイク見て、浦和でランチ。北浦和の埼玉県立近代美術館で遠藤利克「聖性の考古学」。北アルプス国際芸術祭で見て大変感銘を受けていたのでここで再会できてとても嬉しい。この大きさを実感するにはこの場に立たないと。写真では決してわからない何かに会えます。

埼玉県立近代美術館「遠藤利克展」に行った。大きな作品の展示が迷宮のようで楽しかった。以前東京現代美術館の巨大な展示室で「泉」を観たことがあったのだけど、箱が変わると印象も変わって面白い。 pic.twitter.com/xp0EH4hICJ

『遠藤利克展ー聖性の考古学』 26年ぶりに関東で開催される大規模個展。「聖性」と「考古学」をキーワードに遠藤利克の現在と本質に迫る。 ~2017/8/31 埼玉県立近代美術館 pref.spec.ed.jp/momas/?page_id… pic.twitter.com/Yoh6ySx0zQ


ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう

その他のおすすめ観光スポット
一億円のトイレ
属性 一億円のトイレ
「昭和の竜宮城」と呼ばれる目黒雅叙園内にあるトイレ。このトイレは至る所に金箔が張り付けてあったり、美し...
magicbarshikake
属性 マジックバーシカケ
本格的なテーブルマジックが見れて、参加できるアトラクション要素の強いレストラン。特に誕生日などのサプラ...
mesa-ge
属性 メサージュ・ド・ローズ
「メサージュ・ド・ローズ」は、赤坂に本店を構えるバラをモチーフにしたチョコレートを扱うお店です。チョコ...


写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る

おすすめ記事
東京の美味しいラーメン屋31選!名店を厳選紹介!
東京都内の水族館を満喫しよう!デートにもおすすめ10選
【完全版】よみうりランドに行く前に必ずチェックすべきこと!
熱海観光の人気スポットランキングTOP20。定番から穴場まで
横浜中華街のランチ30選!もう迷わない

面白いスポットを見つけよう!
写真から探す地図から探すテーマから探す


公式Facebook
マップに戻る