カトリック田平天主堂

カトリック田平天主堂
by https://www.jalan.net/kankou/spt_42385ag2130013949/
明治19年(1886年)以降に黒島と出津より信者が田平の地に移住するようになり、本格的な天主堂の建設が計画され、大正7年(1918年)に完成した天主堂で、設計施工した鉄川与助のレンガ造り教会の最高峰とされています。平戸瀬戸を見下ろす高台にあり、司祭館や門柱、石段、石垣など歴史的価値のある環境が保存されていることから、国の重要文化財に平成15年(2003年)に指定されています。

周辺の類似スポットを地図で見る

カトリック田平天主堂の基本情報


【スポット】カトリック田平天主堂
【 住所 】平戸市田平町小手田免19-19
【アクセス】西肥バス 天主堂前バス停下車すぐ



カトリック田平天主堂のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

今村天守堂(福岡県大刀洗町)を建築した鉄川与助は、明治から昭和にかけ九州各地で教会の建築を数多く手がけた人物です。 五島の堂崎天守堂、平戸の田平天守堂・紐差教会、天草の津崎教会、長崎の浦上天主堂再建も行いました。 カトリックに深く関わりつつも、彼自身は生涯仏教徒だったそうです。


長崎のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。