光明禅寺

光明禅寺
by http://guide.travel.co.jp/article/13757/
苔寺の名前で親しまれるほど美しい庭があるお寺。それに合わせて、白砂に曲線を描いて表現した一滴海庭があり、別世界のような空間が広がっていて写真をついつい撮りたくなるスポットですよ。

SNS映えマップで見る

【 住所 】福岡県太宰府市宰府2丁目16-1


観光協会ページ

九州の苔寺「光明禅寺」

苔寺というと京都の「西芳寺」が浮かぶという人も多いかもしれませんが、九州では太宰府の「光明禅寺」が苔寺として有名です。

菅原道真公が祀られている太宰府天満宮の近くに「光明禅寺」はあります。

臨済宗東福寺派に属する禅宗の寺院で、江戸時代には太宰府天満宮にお仕えする人やその縁戚の人々のための菩提寺でした。

このお寺は何よりも美しい庭園で有名です。

菅家出生の鉄牛圓心和尚によって文永10年(1273年)に開山されたお寺です。

お寺の前庭と後ろ庭にそれぞれ特徴があり、四季それぞれの風情があります。

美しい日本の庭園の厳かな雰囲気を味わいに一度「光明禅寺」を訪れてはいかがでしょうか。

拝観料:200円
営業時間公開:8:00~17:00
お休み:不定休

アクセス

電車では
西鉄太宰府駅から徒歩で5分
または西鉄二日市駅→車15分

自動車では
九州道太宰府ICから国道3号経由で15分ほどです。

「光明禅寺」の駐車場はありません。

光明禅寺について

「光明禅寺」は、渡宋(唐)天神伝説によって鎌倉時代に創建されたとされていますが、この「渡宋(唐)天神」が何を表しているかというと、それは宋(唐)の国へと、はるばる渡航して来た菅原道真公のことを指しています。

「光明禅寺」のすぐ近くには菅原道真公の太宰府天満宮があり、ゆかりが深いことがよくわかります。

「光明禅寺」に足を踏み入れると、慌ただしく暮らしている私たちの時間軸とは全く違った「時の流れ」があるような感じで、圧倒される静謐な雰囲気があります。

お庭は、昭和の日本の作庭家として高名な重森 三玲(しげもり みれい)の手が入ったものです。

前庭は「仏光石庭」というお庭で、15個の石の配置を「光」の字に見えるように置いてあります。

石といっても大きなもので、むしろ岩という感じです。

お庭の名前の「仏光石庭」の読み方は、「ふっこうせきてい」が正しく、「ぶっこうせきてい」ではありません。

神社仏閣に関するものは、けっこう読みがストレートではないものが多いように思います。

京都の龍安寺も「りゅうあんじ」ではなく「りょうあんじ」です。

石庭は「釈迦・文殊・普賢」の三仏を表した三つの石を主軸にして、残りの12の石によってその後光を表現しています。

「光」というのは、お釈迦様の後ろに輝く後光のことだそうです。

お庭を望む角度によっては、「仏光石庭」の遠く向こうに宝満山が見えます。

宝満山はかつては山伏が修行のために使った修験霊場であったそうです。

険しい宝満山は、お釈迦様の後光のお庭の背景としては、いかにもふさわしいお山だと感じます。

この石庭は九州では唯一の石庭ともされています。

ここまでは無料で拝観させていただけます。

「光明禅寺」の本堂

本堂の入り口で、先に進む人は200円の拝観料をお支払いします。

本堂に上がらせていただくと、とても広い畳敷きの大広間があります。

大広間には「光明禅寺」のご本尊である薬師如来さまが祀られています。

本堂から納骨堂に向かって階段があります。

お堂の梁の部分に飾り金具が見えますが、梅の形をしていて、太宰府天満宮とのご縁をこんなところにも感じます。

本堂には回廊があり、回廊を巡りながら裏庭を拝観します。

裏庭には枯山水のしつらえで「一滴海庭」(いってきかいてい)というお庭があります。

前庭の「仏光石庭」とは全く違った見せ方で、庭の美しい在り方を表現しています。

「光明禅寺」が苔寺と呼ばれるのは、この裏庭の美しい苔に覆われた様子からです。

お庭の名前である「一滴海庭」(いってきかいてい)の意味は、「あの広く大きな海もたったひとしずくの水からできているのだ」ということです。

青々とした美しい苔が覆っているところは大陸や島々を表して、白砂は大海を表しています。

白砂には美しい曲線が描かれています。

「仏光石庭」も「一滴海庭」も、そのままでも十分に素晴らしいお庭ですが、日本の四季はこのお庭にさらに風情を加えていきます。

春の暖かな柔らかさが風に感じられる頃、厳しい夏の日差しやセミの声、紅葉しては散りゆく葉の切なさ、しんしんと降る雪が何もかもを覆う厳しい冬。

四季それぞれが、お庭の演出家として参加することで、季節ごとに見どころも変化していきます。

訪れた人それぞれの、その日にしか見ることができないお庭の風景は、心の奥に何かを残してくれることでしょう。

日本のお庭の秀逸なところは、視覚的に見せながら、もっと深いところに訴えるものがあるところかもしれません。

最近は、こういった静かに語らず感じるという日本文化に共感したり興味を持って、海外から訪れる観光客も増えています。

この「光明禅寺」にも、盆栽や石庭について学習している外国人が多く訪れているようです。

季節によって変化する「一滴海庭」ですが、特に緑が豊かな季節には本堂の床にもその緑が映り「床みどり」と呼ばれます。

また紅葉の頃にはこの「床みどり」は紅葉の色を映して「床もみじ」となります。

「光明禅寺」の開祖である鉄牛圓心和尚についての逸話

和尚の出自についてのお話ですが、鎌倉時代に京都へ行って修行をしていた太宰府天満宮の神官が、都の祇園にいた女の人と昵懇となったそうです。

修行を終えた神官がやがて太宰府に戻ることになった時に、その女の人も神官を慕って太宰府にやって来ました。

京の都での生活とはあまりにも違っていた太宰府の生活に、その女の人は耐えられなくなって川(藍染川)に身を投げてしまいました。

ちょうどそこに通りかかったのが菅原道真公だったのです。

菅公はその女の人を助けてあげました。

やがて、助けていただいた女の人は子供を産みます。

その子供こそ鉄牛圓心和尚だったということです。

「光明禅寺」周辺の観光ポイント

「天開稲荷社」光明禅寺から0.3km
御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)という神様で、人々の口にする食べ物、中でも稲を守ってくださるということです。

つまり五穀豊穣や商売繁盛の守り神で、私たちにとっては開運の神様なのです。

太宰府天満宮に行ったら、その奥にある「天開稲荷社」へも足を延ばすことをお勧めします。

お参りするには、赤い鳥居を次々とくぐって進んで行きます。

最後の急坂を上がるといよいよ本殿。

お参りの方法は、まず自分の生まれ年の干支の鈴を鳴らしてから前に進み、大きい鈴を鳴らしてお願いをします。

さらに本殿横からは奥の院へと続く道(階段)があります。

ここにもたくさんの赤い鳥居が続いています。

その先がほこらのようになっていて、その中にお稲荷さんが祀ってあります。

たいへんありがたい雰囲気が漂っているほこらです。

奥の院にもお参りして、なお一層開運の霊験をいただきましょう。

住所:〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4-7-1
拝観料:無料

「九州国立博物館」 光明禅寺から0.3km
その理念は「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える博物館」ということで、歴史に注目した博物館で旧石器時代からの日本文化についての展示をしています。

東京・京都・奈良に続いて日本で4番目の国立博物館で、アジアとの交流が盛んな九州地方ならではの展示品がたくさん並んでいます。

地元福岡の建築家菊竹清訓によって建てられた「九州国立博物館」は特徴的なデザインです。

側面はミラー仕様になった建築材を使用しているので、青い空や白い雲が映りこんで不思議な景色を作り出しています。

住所:福岡県太宰府市石坂4-7-2
営業時間:9:30~17:00、最終入館16:30
料金:観覧料(文化交流展)は大人 430円、大学生 130円 ※高校生以下及び満70歳以上無料(要証明書提示)。特別展は要別途料金

交通アクセス
電車では、西鉄太宰府駅から徒歩10分。JR二日市駅から徒歩12分。自動車では、九州自動車道太宰府ICまたは筑紫野ICから約20分です。駐車場は313台停められ、普通車500円/1回です。

[wdi_feed id=”1151″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

最後に太宰府天満宮行ってきた! 即位礼正殿の儀の日とあってか、たくさんの人が! 4枚目は光明禅寺付近にある照の恵ってお店で食べた! 梅ヶ枝餅も梅ジュースも美味しかった(*´-`) #Nikon #d7500 pic.twitter.com/P1yIbazksj

ツイッターメディア

福岡県太宰府に鎮座する光明禅寺の御朱印。近くの太宰府天満宮が目立ってしまうが、九州唯一の枯山水の庭園がある寺。特に紅葉時期は見事!なんだけど自分が訪れたのは日付の通り。しかし見事な庭園は季節を問わず楽しめると思うぞっ。 pic.twitter.com/MozGUgpIlZ

ツイッターメディア

九州国立博物館を経由して光明禅寺へ 心落ち着く場所で石庭を見ているとついつい長居してしまいます(๑◠ܫ◠๑) pic.twitter.com/zcHyCCAo2Y

ツイッターメディア

@nahiro_430 昼間の賑わう参道と 朝 夜の静かな参道は 独り占めできますね すがすがしい あさの参道を 歩き 天満宮での 朝の拝礼 帰る頃には スタバも開店 そして そろそろ 光明禅寺の紅葉も🍁 見頃になりますね😊 ステキなPVでした💚

福岡大宰府|光明禅寺の紅葉時期やライトアップなどの情報まとめ #大宰府 #光明禅寺 #紅葉 santaku.jp/post-9070/

あとはこちらも行ってみたかった光明寺(光明禅寺)へ。残念ながら写真撮影不可なので看板だけですが、すごい落ち着くところだった…! お庭が本当に綺麗で、他にいた観光客の方と揃ってぼーっと見てしまった…距離としては天満宮からほとんど離れ… twitter.com/i/web/status/1…

【旅行10日目:太宰府天満宮→天開稲荷神社→光明禅寺→九博→宮地蔵神社】 博多駅のすぐそばに宿をとってたんで、朝ごはんもそちらで。朝定やってるところで「銀ひらすの西京焼き」という見たことないお魚があったのでそちらをいただきました!… twitter.com/i/web/status/1…

光明禅寺… 梅ヶ枝餅と太宰府バーガー… メモメモ_φ(・_・

さらば!太宰府! なお見たかった光明禅寺は閉まってました(´・ω・) pic.twitter.com/39YDoEPdtX

ツイッターメディア

福岡のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事



肥後トンネル
属性 肥後トンネル
熊本県八代市と熊本県球磨郡山江村を繋ぐトンネル。こちらは、高速道路上にあるのにも関わらず、何故かトンネ...
dazais
属性 スターバックスコーヒー太宰府天満宮表参道店
建築家・隈研吾氏設計の木組み構造が印象的なこちらの店舗。独創的な建築は海外の方からも好評で連日国内外の...
mitui
属性 和洋レストラン三井倶楽部
国の重要指定文化財にされている建物の中にあるレストラン。こちらでは、下関名物・ふぐを使った料理や門司名...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。