Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpen(アントワープ聖母大聖堂)

Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpen(アントワープ聖母大聖堂)
by https://www.facebook.com/DeKathedraal/photos/a.574464345924678/1198598400177933/?type=3&theater
12世紀に建てられた小さな礼拝堂跡に完成した、ベルギー最大のゴシック様式の教会です。内部にはルーベンスの名画が4点飾られていて、美術館としての価値もあります。高さ123mに位置する鐘楼は47個の鐘で構成されるカリヨンがあり、1999年に「ベルギーとフランスの鐘楼群」として世界遺産登録されてました。町の守護聖人である聖母マリアに捧げられたもので、 着工から約170年の歳月をかけ1521年に完成しました。

周辺の類似スポットを地図で見る

Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpen(アントワープ聖母大聖堂)の基本情報


【スポット】Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpen(アントワープ聖母大聖堂)
【ふりがな】あんとわーぷせいぼだいせいどう
【 住所 】Groenplaats 21, 2000 Antwerpen
【アクセス】グルーンプラッツ駅から徒歩2分
【最寄り駅】グルーンプラッツ駅
【営業時間】月~金曜日10:00-17:00、土曜日10:00-15:00、日・祝日13:00-16:00
【 料金 】6€


公式ページ


Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpen(アントワープ聖母大聖堂)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

@tenten_10101 パトラッシュ、一緒にアントワープ聖母大聖堂に行ってルーベンスの絵を見よう(最終回)

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。

フランダースの犬の最終回で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵はベルギーのアントワープ聖母大聖堂にあり、キリスト降架という絵画(1612年)で、この絵は人類の罪を身代わりに背負うキリストの様子を描いた作品で、縦4m21cm、横3m11cmにも及ぶ大作です。


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。