手袋資料館
手袋の全国シェア90%以上を誇る「東かがわ市」の手袋資料館では、手袋産業の生みの親・両児舜礼(ふたごしゅんれい)や「手袋仕上機」などの発明家で実業家の棚次辰吉など 手袋産業にまつわる人物などの紹介や手袋の歴史、いろんなタイプの手袋が展示されていています。現在もプロスポーツ選手のグローブは、ほぼ市内の企業を中心に造られています。また、「香川の手袋アウトレット店」が隣接し、市価の50%~90%OFFというお手頃価格で、ファッション用手袋、ゴルフ用手袋からバッグ、財布などといった小物まで、多種多様なデザインのものが手軽に購入できます。
手袋資料館
by http://www.jalan.net/

観光マップで見る
Google Map


おすすめ記事
淡路島に行くなら見逃せないSNS映えスポット7選!
ディズニーの雨の日攻略法まとめ!天気が悪くてもここはやっぱり夢の国だった!

【スポット】手袋資料館
【ふりがな】てぶくろしりょうかん
【 住所 】香川県東かがわ市湊1810-1 日本手袋工業組合内
【アクセス】JR高徳線白鳥駅から徒歩10分、高松自動車道白鳥大内ICから5分
【営業時間】年末年始以外年中無休で、手袋資料館は9:00~17:00(受け付けは16:30まで)、手袋のアウトレット店は10:00~18:00の間営業しています。
【 料金 】入場無料

手袋資料館の見どころ

有名スポーツ選手たちの手袋がみれます。例えば、サッカーの川口能活選手、ゴルフの宮里藍選手、フェンシングの太田雄貴選手や元阪神タイガースに在籍していた金本知憲さんの手袋など多くの有名選手の手袋に出会えます。

また、特殊な手袋もあり、2005年香川県産品コンクール「ふるさと賞」の大賞に輝いた「和柄ちりめん手袋」や10万円もする貴重な素材「ビキューナの毛」を使った手袋(下)など、見ていても飽きない手袋も数多く展示されています。

手袋の歴史や人物紹介

当時の手袋産業に多大な功績を残した先人達の貴重な資料なども展示されています。例えば、昭和5年に作られた手袋や歴代のミシンなども展示されています。

手作り人形づくり体験(手袋工業組合)

手袋を使った、かわいい人形づくりが無料で体験できます(要予約)



SNSでの口コミ(みんなの反応)
SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります
何も見つかりませんでした。
ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう

その他のおすすめ観光スポット
uzushio
属性 鳴門の渦潮
太平洋側と瀬戸内側から波が入り混じり、日に2回ほど渦潮ができます。日本一の潮流の速度、世界的に見ても流れ...
minokoshikigan
属性 竜串・見残し奇岩パーク
柔らかい砂岩が風波によって浸食を受けて出来た自然の造形がみられる海岸奇石群で、地質の博物館とも言われて...
imanaribashi
属性 今成橋(佐田沈下橋)
四万十川最下流にある、最も長い沈下橋。軽自動車がギリギリ2台入れ違うくらいの車幅。四万十川には支流を含め...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る

おすすめ記事
九州観光するなら見逃せない絶景スポット31選!
北海道のSNS映えスポットランキング!隠れたおしゃれ・ネタスポットを観光しよう
日帰りデートにもおすすめの関西の絶景スポット33選!
関東の観光スポット、外国人に喜ばれるはここ!おすすめ10選
京都観光はこれで完璧!満喫する為の60のチェックポイント


面白いスポットを見つけよう!
写真から探す地図から探すテーマから探す