8月に東京観光するならおすすめの観光スポット19選

8月東京観光
photo by @lezyne_caad10

8月はプール、お祭りなど夏の風物詩が盛りだくさんの時期です。ちょうど夏休み期間中ということもあり、どこも熱気を感じるほど盛り上がります。そんな東京の観光スポットから選りすぐりの19スポットをご紹介します。

8月 東京の気温とおすすめの服装

8月が1年の中で最も気温が上昇する時期です。暑さ対策を万全にして出かけましょう。

初旬(目安の気温)おすすめの服装

8月初旬は7月と比べて、一段と暑さが増してくる時期です。最高気温は35度近くになるため、日中はできるだけ屋内にいることをおすすめします。外出する時はぼうしを忘れずかぶりましょう。

中旬(目安の気温)おすすめの服装

中旬も暑さが続きます。最高気温は35度と変わらず、屋内と屋外の温度差が激しいので、体調を崩してしまう危険があります。冷房冷えをしないよう、薄手のカーディガンやパーカーを持ち歩いてください。

下旬の気温(目安の気温)おすすめの服装

9月を迎える下旬では、最高気温が32度~33度と少し落ち着きます。残暑とよばれる蒸し暑さに突入するため、まだまだ暑さ対策は必須です。温度調節しやすいような、はおり物を着ることをおすすめします。




1.お台場海浜公園

お台場海浜公園
photo by miiiya___000

お台場海浜公園では毎年夏休み期間である7月下旬から8月に合わせて、フジテレビのイベントが開催されます。

お祭りのような雰囲気に包まれた会場では、子どもだけではなく大人も一緒に楽しめる企画がもりだくさんです。イベントを楽しんだ後の日が暮れた頃に海の近くへ行きましょう。4月から10月の春夏期間ではレインボーブリッジのライトアップが異なるので、冬の時期とは違った夜景が観賞できます。

【 住所 】東京都港区台場1-4
【アクセス】ゆりかもめ・お台場海浜公園から徒歩3分
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【公式サイト】http://www.tptc.co.jp/park/01_02

もっと見る

2.東京ジョイポリス

東京ジョイポリス
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000151410/kuchikomi/0004079291/

お台場で遊ぶといったら、まずはジョイポリスが浮かぶほどお台場では人気のアミューズメントテーマパークです。

屋内にてアトラクションやイベントが開催されているため、8月の猛暑であっても熱中症の心配がなく、涼しい場所で安心して遊べます。VRは人気があるので、必ず乗りたい方はオープン直後が狙い時です。

【 住所 】東京都港区台場1-6-1
【アクセス】ゆりかもめ・お台場海浜公園から徒歩2分
【営業時間】10時~22時
【 料金 】800円(大人・入場券)、4,500円(大人・入場+乗り放題)
【公式サイト】http://tokyo-joypolis.com/

もっと見る

3.六本木ヒルズ

六本木ヒルズ
photo by @nanapapa521

「テレ朝夏祭り」といわれている毎年恒例の催しは、六本木ヒルズにて行われています。

子どもが楽しめるアトラクションや、夜には大人向けにお酒が飲めるエリアがあり、夏祭り以上の楽しさです。テレ朝で放送されているアニメキャラクターや芸能人にも会えるチャンスがありますよ。

【 住所 】東京都港区六本木6-9-1
【アクセス】六本木駅から徒歩5分
【営業時間】10時~19時
【 料金 】サマパス2,500円(大人)
【公式サイト】http://www.roppongihills.com/

もっと見る




4.恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿ガーデンプレイス
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_13113ae2190022809/

7月下旬から8月までに恵比寿ガーデンプレイスにて開催される屋外映画鑑賞「ピクニックシネマ」は、邦画・洋画問わずさまざまなジャンルの映画が無料で鑑賞できるイベントです。

屋外にある人工芝に座りながら、恵比寿の夜空をバックに観る映画は開放感があり、なかなかできない貴重な体験です。

また人工芝エリアでは、夏恒例のヨガが開催されます。見上げると夜空があり、開放的な空間で行うヨガは体も心もリラックスさせ、この上ない体験ができるはずです。屋内に店を構えるアイスクリーム店を始めとした夏らしいスイーツ店は、夏の間は店外にも出店し限定品を販売しています。

【 住所 】東京都渋谷区恵比寿4-20
【アクセス】恵比寿駅から徒歩5分
【営業時間】19時30分開始
【 料金 】無料
【公式サイト】http://gardenplace.jp/

もっと見る

5.神楽坂

神楽坂
出所:http://matome.naver.jp/odai/2132702672941106201

神楽坂は老舗料亭や隠れ家のようなバーがある、モダンな雰囲気の街です。都心ではありますがレトロな雰囲気も感じられる神楽坂にて、着物をきて散策してはいかがでしょうか。

夏らしい爽やかな色合いと柄を選んで、カフェ巡りをするのがおすすめ。浅草へのアクセスもしやすいので、ふらっと寄ってみては。

【 住所 】東京都新宿区矢来町
【アクセス】神楽坂駅から直結
【営業時間】-
【 料金 】店舗によって異なります
【公式サイト】http://www.kagurazaka.in/

もっと見る

6.東京サマーランド

東京サマーランド
出所:https://www.summerland.co.jp/pool/guide_detail_tpl.html?gid=2104

東京サマーランドは「夏だ、プールだ、サマーランドだ」でおなじみのアミューズメントパークです。

エリアの2か所がプールとなっていて、流れるプールからウォータースライダーまで多彩なアトラクションが楽しめます。

【 住所 】東京都あきる野市上代継600
【アクセス】八王子駅からバスで30分
【営業時間】10時~17時
【 料金 】3,500円(入園料・大人)、4,500円(フリーパス・大人)
【公式サイト】https://www.summerland.co.jp/

もっと見る

7.としまえん

としまえん
出所:としまえん

都内最大級のプールは朝から夕方までではなくナイトプールまで行われ、子どもに限らず学生や大人も楽しめるスポットです。

プールだけではなく地上でのアトラクションや動物とふれあえるエリアなど、見どころ満載なので1日としまえんですごしても飽きる心配がありません。夏にはバーベキューもおすすめです。

【 住所 】東京都練馬区向山3-25-1
【アクセス】豊島園駅から徒歩1分
【営業時間】10時~21時(ナイトプール)
【 料金 】1,000円(入園料・大人)、4,300円(乗り物乗り放題付き・大人)
【公式サイト】http://www.toshimaen.co.jp/

もっと見る




8.チームラボボーダレス

チームラボボーダレス
photo by @may_ugram

チームラボボーダレスとはお台場にあるデジタルアートです。言葉だけ聞くとよくわかりませんが、簡単に言うと「写真映えする幻想的な空間」。

アートの世界に迷い込んだような不思議な感覚が味わえ、きらびやかで美しい世界がのぞけます。ただ見るだけではなく、体感できるようなアート作品なので、満足すること間違いなしです。

【 住所 】東京都江東区青海1-3-8
【アクセス】東京テレポート駅から徒歩5分
【営業時間】10時~19時
【 料金 】3,200円(大人)
【公式サイト】https://borderless.teamlab.art/jp/

もっと見る

9.渋谷ヒカリエ

渋谷ヒカリエ
出所:http://www.el-aura.com/2012101901/

渋谷ヒカリエは2012年にオープンしたばかりの複合商業施設です。カフェやレストランをはじめとした飲食店や、アパレルショップ、地下には東武百貨店まであります。

毎年夏にはセールが開催され、例年では20%~70%オフの大特価。渋谷という土地柄もありかなり混雑するので、午前中や平日が狙い目です。試着しやすいように脱ぎ着が簡単な服装で参戦しましょう。

【 住所 】東京都渋谷区渋谷2-21-1
【アクセス】渋谷駅徒歩2分
【営業時間】11時~21時(ショップ)、11時~23時(レストラン)
【 料金 】-
【公式サイト】http://www.hikarie.jp/

もっと見る

10.日原鍾乳洞

日原鍾乳洞
photo by @sdcsdc.e718

日原鍾乳洞とは奥多摩にある鍾乳洞のことで、夏におすすめの穴場スポットです。8月という猛暑でも鍾乳洞内は平均気温が10度なので、ひんやりとした冷気がただよいます。

岩肌に囲まれた細い道を進んでいく様子は、まるでインディージョーンズの世界に入り込んだかのような、冒険をしている気分があじわえるところがポイント。奥にすすむと赤・青・黄にライトアップされたカラフルな岩肌を見ることができ、冬と間違えてしまうほど清涼感が感じられます。

【 住所 】東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
【アクセス】奥多摩駅からバスにて35分
【営業時間】8時~17時
【 料金 】800円(大人)
【公式サイト】http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html

もっと見る

11.等々力渓谷公園

等々力渓谷公園
出所:http://matome.naver.jp/odai/2142080111720613901?page=2

等々力渓谷公園とは世田谷区にある渓谷です。東京都心にあるとは思えないほど大自然が広がり、川のせせらぎが聞こえてくる、夏でも涼しいエリアです。

お散歩コースとしてもおすすめであり途中に日本庭園や茶屋があるので、休憩しながら散策してみましょう。等々力不動尊の展望台から見る景色は、世田谷区とは思えない自然が広がっています。

【 住所 】東京都世田谷区等々力1-22
【アクセス】等々力駅から徒歩3分
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【公式サイト】https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kusei/012/015/001/004/d00004247.html

もっと見る

12.国立国会図書館

国立国会図書館
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_13101cc3290030105/photo/?screenId=OUW3701

国立国会図書館は暑さを凌ぐのにぴったりなスポットです。国立国会図書館に行けばそろわないものはないと言われるほど資料がそろえられているので、本好きの方におすすめのスポット。

図書館内にはカフェスペースもあり、1日中滞在ができます。絶版になってしまった本や希少価値の高い文献に限らず、漫画も置いてあるので、夏休み中の1日は図書館へ行ってみてはいかがでしょうか。

【 住所 】東京都千代田区永田町1-10-1
【アクセス】永田町駅から徒歩5分
【営業時間】9時30分~19時
【 料金 】無料
【公式サイト】https://www.ndl.go.jp/

13.アクアパーク品川

アクアパーク品川
photo by @lezyne_caad10

アクアパーク品川は他の水族館とは違って、光を巧みに操る幻想的な雰囲気と、海の生物たちとの融合が魅力の水族館です。

なかでも見どころなのが、ナイトバージョンのドルフィンパフォーマンス。水しぶきをあげながら華麗に技を決めるイルカたちがライトアップされ、さらに美しい姿を見せてくれます。

【 住所 】東京都港区高輪4-10-30
【アクセス】品川駅から徒歩2分
【営業時間】10時~22時
【 料金 】2,300円(大人)
【公式サイト】http://www.aqua-park.jp/aqua/

もっと見る




14.サンシャイン水族館

サンシャイン水族館
photo by @sabo.f

サンシャイン水族館では8月頃になると、夏休み限定のイベントがはじまります。

日中は子どもが楽しめるショーを中心としたランナップで、夜になると大人向けのナイトカフェバーに変わります。夜の水族館は日中とは違ったロマンチックな雰囲気がただよい、デートにおすすめのスポットです。

【 住所 】東京都豊島区東池袋3-1-1
【アクセス】池袋駅から徒歩6分、東池袋駅から徒歩5分
【営業時間】10時~18時
【 料金 】2,200円(大人)
【公式サイト】http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/

もっと見る

15.すみだ水族館

すみだ水族館
photo by @morochapanda

すみだ水族館は東京スカイツリーがある場所、東京ソラマチ内にある水族館です。

すみだ水族館でも夏らしいイベントが盛りだくさん。夏といえばお祭り、お祭りといえば金魚すくいのイメージはありませんか?世界中から集めたさまざまな金魚を観賞しながらお酒が飲める、夏にしかできない嗜み方で楽しみましょう。

【 住所 】東京都墨田区押上1-1-2
【アクセス】とうきょうスカイツリー駅から徒歩1分
【営業時間】9時~21時
【 料金 】2,050円
【公式サイト】http://www.sumida-aquarium.com/

もっと見る

16.豊洲市場

豊洲市場
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000203066/

豊洲市場と聞くと市場やグルメのイメージがありますが、海の生物を知れるギャラリーもあります。展示物があるエリアは涼しいので夏でも快適に観賞でき、魚のおいしい調理方法まで学べます。

お腹が空いてきたらすぐ近くにあるお寿司や天ぷらなど海産物グルメを食べに行きましょう。

【 住所 】東京都江東区豊洲6-6-1
【アクセス】市場前(ゆりかもめ)から徒歩3分
【営業時間】5時~17時
【 料金 】-
【公式サイト】http://www.toyosu-market.or.jp/

17.草間彌生美術館

草間彌生美術館
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000193095/photo/?screenId=OUW3701

草間彌生美術館は世界中で人気を誇る、草間彌生の芸術作品が展示されている美術館です。

とてもコンパクトな造りではありますが、草間ワールド前回の作品が並び、トイレまでその世界観が現れている徹底ぶり。事前にチケットを購入して向かってください。夏休みを使って芸術に浸る時間を楽しんでみていかがでしょうか。

【 住所 】東京都新宿区弁天町107
【アクセス】早稲田駅から徒歩7分
【営業時間】11時~17時30分
【 料金 】1,000円(大人)
【公式サイト】https://yayoikusamamuseum.jp/

18.サントリー武蔵野ビール工場

サントリー武蔵野ビール工場
出所:https://www.suntory.co.jp/factory/musashino/index.html

汗をかいた後に飲む夏のビールは、格別の味わいだということを知っているはずです。サントリー武蔵野ビール工場では、夏の暑さでほてった体を冷ましてくれるビールを、無料で試飲できます。

アルコールが苦手な方にはソフトドリンクやノンアルコールビールもあるのでご安心ください。工場内見学をすることで、もっとビールが好きになりますよ。

【 住所 】東京都府中市矢崎町3-1
【アクセス】分倍河原駅からバスにて10分
【営業時間】9時30分~17時
【 料金 】無料
【公式サイト】https://www.suntory.co.jp/factory/musashino/index.html




19.日本科学未来館

日本科学未来館
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000173973/

日本科学未来館はだれにでもわかりやすいように、科学の不思議と面白さを説明・体験できる観光スポットです。

夏休み期間中である8月にはいつにもましてイベントが増え、サイエンストークやわくわくするような心理実験などが楽しめます。館内は吹き抜けになっているため開放的な空間。近未来的な雰囲気を科学体験とともに楽しんでください。

【 住所 】東京都江東区青海2-3-6
【アクセス】船の科学館駅から徒歩5分
【営業時間】10時~17時
【 料金 】630円(常設展・大人)、310円(ドームシアター・大人)
【公式サイト】http://www.miraikan.jst.go.jp/

もっと見る

夏らしいイベントや涼しさが感じられる東京の観光スポットを、19か所厳選しご紹介しました。東京には夜になってもわいわいと楽しめるスポットが盛りだくさんです。8月はまだまだ猛暑が続く時期なので、屋外にいる時は水分補給をしながら楽しみましょう。




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す