津和野城址

津和野城址
by http://www.kankou-shimane.com/
鎌倉時代、吉見頼行公が標高370mの山上に築城。別名三本松城とも呼ばれています。現在は石垣が残っています。津和野城跡リフトに乗って山の上へ。高台からは眼下に津和野の町並みやSLが走る様子を望むことができ、春には桜、秋には紅葉も美しいスポットです。雲海も、9月~4月に出ることがあります。さだまさしの「案山子」の歌が生まれた場所としても有名です。

周辺の類似スポットを地図で見る

津和野城址の基本情報


【スポット】津和野城跡
【ふりがな】つわのじょうあと
【 住所 】島根県津和野町後田
【アクセス】JR山口線津和野駅からバスで高校前下車、徒歩5分、リフトで山頂まで5分、そこから徒歩5分弱で出丸跡。本丸までは15分
【営業時間】津和野城跡観光リフト 9:00~16:30。定休日は津和野城跡観光リフト 2月1日~2月末 但し土日祝を除く、臨時休業あり
【 料金 】中学生以上450円、小学生以下400円


[wdi_feed id=”3623″]


津和野城址のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

@jin4208 思い出した!そうでした!たしか松江城行きましたよね😊萩や津和野も城址だけで、天守閣があればいいのにって思います🏯 7万ですか?とてもよい画像だったのでしょうね。私は道の駅に行くの好きなので、ぜひそこにも行ってみたいな🚗

5/22 DLやまぐち号 DD51-1043+35系 緑の中のDDは最高ですねー 復路は津和野城址俯瞰にて。 DLでやりたかった構図なので大満足です! pic.twitter.com/axycPDj9cI

ツイッターメディア

@HidekoTakamine 津和野の町に行ったら、安野さんと高峰秀子さんのことを何時も思い出す。城址に登れば司馬遼太郎、松山善三さんを青野山の向こうの東の空に、秀さんのエッセイを思い出す。

@aotake24 ・津和野の寺、城址、教会、お茶 ・人がいない荒神谷遺跡と加茂岩倉遺跡 ・玉造温泉 ・松江の堀川遊覧 ・冬に止まる木次線

津和野城址リフトの山上と山下で乗車方法に表記ゆれがあるのは何ですかね 「後を振り返らぬこと」「汚ない油水が落ちることがあり」 pic.twitter.com/9RHOYgJXJG

ツイッターメディア

島根のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。