函館ハリストス正教会

函館ハリストス正教会
by http://www.rurubu.com/news/detail.aspx?ArticleID=4079
万延元年(1860)に建立された日本初のロシア正教会聖堂。白壁と緑屋根の対比がとても美しく、函館を代表する歴史的建造物の一つです。明治40年(1907)に起きた大火で建物を焼失しましたが、大正5年(1916年)にロシア風ビザンチン様式の聖堂として再建され、1983年に国の重要文化財に指定されました。鐘楼の鐘の音は「日本の音風景100選」認定されていてホームページからもその美しい音色が聞けます。この鐘の音は、毎週土曜日午後5時の徹夜祷、日曜日午前の聖体礼儀など、1回あたり3~5分間にわたって函館山の麓一帯に響きます。地元ではその音から「ガンガン寺」と呼ばれ親しまれています。元町教会群は年間を通して外観のライトアップを行っています。点灯時間は概ね日没後から午後10時までです。

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】北海道函館市元町3-13

函館ハリストス正教会
が含まれる観光マップ



公式ページ

[wdi_feed id=”2342″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

@bloom25174041 函館ハリストス正教会かな...??

おはようございます きょうも好い天気になりそうです 函館ハリストス正教会と大瓦屋根 今朝の啄木小公園でした #函館 #啄木小公園 pic.twitter.com/27yAPle5dq

ツイッターメディア

北海道のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。