旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」

旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」
by https://www.jalan.net/kankou/spt_22205ae2182024682/
1936年、ドイツ人建築家ブルーノ・タウトが設計した建物で、実業家・日向利兵衛の別荘の離れとして建てられたものです。2006年7月に地下室が重要文化財の指定を受けており、現在は熱海市が所有しています。タウトの建築は世界的に貴重で日本に現存する唯一のものとなっています。その建築は桂離宮や伊勢神宮などの日本の伝統様式美を採り入れたもので、竹や桐をふんだんに使った社交室、階段が部屋に一部になっている洋室、舞の舞台があるかのような段のある和室の3室があります。

周辺の類似スポットを地図で見る

旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」の基本情報


【スポット】旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」
【 住所 】静岡県熱海市春日町8-37
【アクセス】JR熱海駅から徒歩8分



旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

#読了#横山秀夫#ノースライト 』 自分の作った家に人が住んでいないこと、家に残されたブルーノ・タウト風の椅子など、謎が謎を呼んで面白かった。またブルーノ・タウトという建築家を初めて知りった。 #読書好きと繋がりたい pic.twitter.com/QVEdhhu8Ma

ツイッターメディア

【ベルリンのモダニズム建築】ドイツ ブルーノ・タウト

こんな論文どうですか? ブルーノ・タウト「生駒山嶺小都市計画」の図面発見について(石崎 順一),1993 ci.nii.ac.jp/naid/130007437…

→復興建築写真集とか佐藤武夫還暦記念作品集とかブルーノ・タウト「桂離宮」や谷口吉郎「せせらぎ日記」「雪あかり日記」のおそらくオリジナル版とか。探せば都内の図書館でも持ってるかもしれないが、開架で見られるところはまずないだろう。学芸員、大学の教授を歴任した方の運営(金沢・山鬼文庫)

【ベルリンのモダニズム建築】ドイツ ブルーノ・タウト

★★★★☆ 後半はさすがの一言。伏線回収とか。建築が好きならより夢中になったかも。ブルーノ=タウト。家族に関しても考えさせられた。 #ノースライト pic.twitter.com/RkQpYSjQ3j

ツイッターメディア

「ノースライト」 ミステリー話と物作り話(美術館建築コンペ)の併走構造と納得してからは、一気に読了。後者の方が印象深かったが、職人的手際が良すぎて?迫力より安定重視な着地感。事件性より、建築家ブルーノ・タウト等の芸術見識と情感に… twitter.com/i/web/status/1…

洗心亭・・ブルーノタウトさん、少林山滞在時の家・・高崎市/群馬 youtu.be/LrOFrS7f6dY via @YouTube


静岡のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。