旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」

旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」
by https://www.jalan.net/kankou/spt_22205ae2182024682/
1936年、ドイツ人建築家ブルーノ・タウトが設計した建物で、実業家・日向利兵衛の別荘の離れとして建てられたものです。2006年7月に地下室が重要文化財の指定を受けており、現在は熱海市が所有しています。タウトの建築は世界的に貴重で日本に現存する唯一のものとなっています。その建築は桂離宮や伊勢神宮などの日本の伝統様式美を採り入れたもので、竹や桐をふんだんに使った社交室、階段が部屋に一部になっている洋室、舞の舞台があるかのような段のある和室の3室があります。

周辺の類似スポットを地図で見る

旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」の基本情報


【スポット】旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」
【 住所 】静岡県熱海市春日町8-37
【アクセス】JR熱海駅から徒歩8分



旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

「観光立国」に期待を寄せる彼らが、拠り所にしてるのが、ブルーノ・タウト「日本文化私観」だったのもアレだった。 高校の国語の時間に、坂口安吾によるブルーノ・タウト批判=「日本文化私観」って読まされたし、JRの奴も同じ授業受けてる筈なんだけど、聴いてなかったのかな。

「忘れられた日本」ブルーノ・タウト 篠田英雄編訳(中公文庫)。建築家ダウトの美意識に合致し、琴線に触れた桂離宮、伊勢神宮等簡素な美への賛美と、日光東照宮の過剰な装飾への低評価は、余りにも有名。日本文化再評価の書。 pic.twitter.com/E7PhTBnBzY

ツイッターメディア

【ベルリンのモダニズム建築】ドイツ ブルーノ・タウト

ブルーノ・タウト人間的にクズやん

ブルーノ・タウト。ドイツ工作連盟 外見は無骨だけど内部空間がめっちゃ綺麗な感じ?

すぐれた芸術品に接するとき、涙はおのずから眼に溢れる。私達は、この神秘にもたぐう謎のなかに、芸術の美ではなくて、その背後に無限の思想と精神のつながりとの存することを感得するのである。(ブルーノ・タウト『日本美の再発見』)


静岡のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。