三瀧寺

三瀧寺
by http://www.hiroshima-navi.or.jp/
大同4年(809年)に弘法大師が開山した三瀧寺は、三滝観音と呼ばれ地元の人達からは親しまれ、境内には寺号のいわれとなった幽明、梵音、駒ケ滝の三つの滝が流れ落ちています。広島市市街地西北部にありながらも深山幽谷の雰囲気があり、秋には紅葉の名所として賑わいます。境内の入口にある朱色が鮮やかな多宝塔は、原爆死没者慰霊のため、昭和26年に和歌山県の広八幡神社から移築されたものです。多宝塔には、国の重要文化財に指定されている御本尊の木造阿弥陀如来坐像が、塔の移築完成後に、河内長野市の観心寺から移されました。

周辺の類似スポットを地図で見る

【スポット】三瀧寺
【ふりがな】みたきでら
【 住所 】広島県広島市西区三滝山411
【アクセス】可部線 三滝駅から徒歩15分

三瀧寺
が含まれる観光マップ



[wdi_feed id=”2307″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

三瀧寺の紅葉に、これほど感動するとは思わなかった… hiroshima.fun/spot/mitakider…


広島のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。